日本サッカー豆辞典

日本人選手の特徴として、外国人選手よりもテクニックは勝っていますが、フィジカルでは劣っています。

フィジカルが弱い理由は身長と筋肉量

シュート練習

日本人サッカー選手はとても高度なテクニックを持っています。しかし、残念ながらフィジカル面が弱いです。フィジカル面とは筋力・体幹の筋肉・身体能力など様々な意味があります。

日本人はなぜフィジカル面が弱いのか、その理由の一つとして挙げられるのは外国人選手との体格差です。サッカーの試合を見ていると、ゴールキックなどの場面で分かりやすいですが、外国人選手は日本人選手よりはるかに平均身長が高く、体つきもがっしりとしています。
国別の平均身長ランキングを見ると、その差はより明らかとなります。ランキング上位はほとんどがヨーロッパの国々です。その平均身長はなんと180センチメートルを優に超えています。外国人選手のフィジカルが強いのは、平均身長が高いことに伴って体重や筋肉量も多いためです。

1対1でボールを奪い合う場面で外国人選手と体が衝突し、その衝撃で日本人選手が弾き飛ばされてしまうのはよく目にする光景ではないでしょうか。
もちろんフィジカル面の要素は身長だけでなく、スタミナなども大きく関わってきます。

顔で受ける

一方の日本人選手はフィジカル面では恵まれないものの、テクニックは素晴らしいものがあります。海外の人から日本人は控えめだと評価される事が多い国柄だというのは周知のことですが、その分日本人は細やかな気配りや熟考する力、そして機転の良さがあると言えるでしょう。
そういった特徴はプレーにも反映されています。

日本代表のMFでキャプテンでもあるお馴染みの長谷部誠選手をはじめとした戦術をしっかりと考える頭脳型プレイヤーも多いです。そして何より真摯にトレーニングに取り組む姿勢が日本人選手の魅力でしょう。今後もトレーニングや研究を地道に重ねて、日本人の身長でも海外選手と互角に渡り合えるフィジカルを身につけていく日は近いのではないでしょうか。